豪州からフランスの味わいを

「2018 オーストラリアワイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞

ドゥ・ボールペール家はブルゴーニュ地方の町、ボールペール=アン=ブレスに由来し、1000年以上にわたる伝統と歴史を持つフランス南東地方を守る侯爵家でした。 

私たちはブルゴーニュの伝統に類似するワイン生産条件を数年間にわたり探し求め、オーストラリアのどのワイン産地とも異なる、ブルゴーニュのワイン渓谷と非常によく似た特別な場所を見つけました。元来、内海の沿岸にあったこの土地は、純粋な石灰岩の地質基盤を有し、稀に見るアルカリ質の土壌と低い夜間の気温は、共に寒冷気候地での高品質ワイン生産に理想的な環境です。

私たちは53万平方メートル(53ヘクタール)の理想的な育成条件の土地に、フランスでの栽培条件に適した10種類のブドウ品種を含む10万本以上のブドウの木を植えました。当社のブドウ栽培とワイン造りは、フランスで成功を収めた技術と、無制限に汚染から解放されたオーストラリアのきれいな土壌、水、空気(数多くの持続的農業プログラムの要素)の組み合わせであり、その結果、14種類以上の非常に高い評価を得た最高級フレンチスタイルのワイン(トップレベルのシャンパンに似たスタイルのスパークリングワイン、トップクオリティの白、赤、ロゼ、およびデザートワインなど)が生まれました。

2018年、ワインステート国産ワイン賞(WineState National Wine Awards)において、私たちの生産するワイン5種が最終審査に残り、その中の1つに対して1万本のワインの中から選ばれたオーストラリアのベストワインに与えられるナショナル・トロフィーが授与されました。

これらのワインはオーストラリアのトップレストランやホテルの間で急速に普及しており、アコーホテルズ(ソフィテル、プルマン、メルキュールにて)とIHG(インターコンチネンタル、クラウンプラザにて)の双方から、オーストラリアの2600のワイン生産者のうち僅か12社のみが認められた国内認可サプライヤー(供給業者)としての地位を承認されました。

当社は家族経営です。過去5年間では、私たちの娘アマンダと息子ウィリアムの2人が、国際的にも国内的にも非常に成功したビジネスキャリアを得た後、経営に加わったことで、ビジネスを長期的に築くための多様なスキルと能力を与えてくれています。

オンラインストアセラードアフェイスブックインスタグラム
この醸造所はインポーターを探しています。

日本国内の入手先

Le Marquis Cabernet-Sauvignon 2017

フレンチオークの恩恵を受けた100%カベルネ・ソーヴィニヨン。ブルーベリーとブラックベリーのアロマが深い深紅色を際立たせる。密林で採れるフルーツ、カシス、そしてダークチョコレートの味わいにミディアムなタンニンが特徴。長期熟成することでボトルはより豊かな味わいへと変化する。

ワイン&ガストロノミー

ステーキがレアであればあるほど、若いカベルネ・ソーヴィニヨンのタンニンを抑えることができる。ミディアムからミディアムレアのステーキ、豚ロースまたはラムチョップとワインの瑞々しい酸味は相性抜群。スパイシーでリッチなソースと添えたブロッコリー・レイブやグリルしたラディッキオ、ローストしたメキャベツ、そしてバターとクリームをたっぷり使用した贅沢なマッシュポテトともよく合う。

ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニヨン(100%)

La Comtesse Chardonnay 2017

エレガントでリッチ、そして複雑さを柔らかな口当たりと硬さのある清らかなフィニッシュが引き立てる。ストーンフルーツと白桃、メロンのアロマは伝統的なブルゴーニュのシャルドネを思わせ、仄かにオークが香る。私たちのブドウ畑が位置するのはウルトラクールクライメートに加え、純粋な石灰岩を多く含んだアルカリ性の土壌が特徴。これはフランス最高級シャルドネが造られるブルゴーニュ地方シャブリ地区のテロワールと非常によく似ている。このワインはブルゴーニュ地方のシャルドネスタイルが基となって造られる。

ワイン&ガストロノミー

ブルゴーニュのように、私たちのブドウ畑が位置する土壌はもともと内海の海岸だった。そのためシャルドネが多くの貝料理(特にカキ)やサーモン等の脂が乗った魚と完璧にマッチする。アサリのボンゴレやムール貝の白ワイン蒸しなどは手がかからず、簡単に調理することができる。また海老のガーリックバター焼きやフィッシュパイ、クリームシチューとも絶妙に合う。

ブレンド比率:シャルドネ(100%)

Le Chevalier Merlot-Cabernet-Petit Verdot 2016

このワインは2016年4月に収穫された3つの伝統的なボルドー品種メルロー、カベルネソーヴィニヨン、プチヴェルドのブレンド。ミディアムな味わいと奥深さのあるメルロー。ストラクチャーを持ち瑞々しさと酸味を感じるカベルネ。および色彩と力強さを兼ね備えたプティ・ヴェルド。紫がかる熟したベリーとブラックカラントのアロマがヴェルドの色彩を引き立て、チョコレートと香辛料のキャラクターが果てしない余韻を演出。フィニッシュはバランスの良いタンニンを感じる。

ワイン&ガストロノミー

このワインには、伝統的な牛肉料理やジビエ料理、子羊のロースト、または肋肉やラムチョップのシチュー等に最適。また香りの強いロックフォールやカマンベール、ブルーチーズとタンニンの相性は抜群。

ブレンド比率:メルロー(55%)、カベルネ(39%)、プティ・ヴェルド(6%)

Leopold Reserve Shiraz-Viognier 2016

ローヌ・バレー北部アペラシオン・コート・ロティの伝統的なブレンド。ここでは、シラーズ(シラー)の香りと安定性を高めるために、少量のヴィオニエを追加するのが一般的だ。ロバート・パーカー氏から100点満点の評価を受けた名高いワイン生産者マルセル・ギガル氏(Marcel Guigal)のラ・テュルク(La Turque)ラ・ムーリー(La Mouline)を想像してほしい。クールクライメートのため、私たちのシラーズは重厚感のある伝統的な豪州品種よりも軽やかで豊かな味わいが特徴。テクスチャーと奥深さを重視して造られた。ある人はこのワインはエレガントさが勝ると言う。だが、このシラーズは正道をゆく力強さと14.2%のアルコール度数が優雅さを引き立てる。スパイシーでエキゾチックなワインで、ダークフルーツとクレーム・ド・カシスの風味が運ぶフレッシュな味わいと余韻のある柔らかなタンニン、白胡椒とクローブを感じる。

ワイン&ガストロノミー

シンプルな豚ロースのグリルまたはブロッコリーニとベビーニンジンを添えた煮込み豚バラ肉と大豆のメープルシロップ炒めは絶妙。鹿肉や鴨肉のグリル、マッシュルームやテリーヌともよく合う。時間をかけてローストしたラム肩肉にポレンタケーキ、クレームフレーシュ、サルサベルデとペアリングするのも良いだろう。

ブレンド比率:シラーズ(95%)、ヴィオニエ(5%)