神々しいワインイベントを訪れて…

よう
|
2018-09-17

どうも、ヨウです。

MW(マスター・オブ・ワイン)という山を登っております。

実はですね、先日あるワイン試飲会に参加させていただきました。

タイトルにあります通り神々しいワインイベント…

神々(こうごう)しいなんてヨウは人生で一度も使ったことのない言葉です。(笑)
ですがこの言葉こそ的確だと神に誓って言い切ります!!(神々しいだけに)

何がどう神々しいかと言いますと、このワイン試飲会で提供されたワインと試飲会の会場となったお店がどちらも神様との深い関りがあるんですね…

試飲させていただいたワインがこちら!!

Angus Semillon 2016
Angus Semillon Age release 2007
Reserve Shiraz 2015
Patriarch Syrah 2014

こちらのワインのラベルに記されている女性(酒神ディオニュソスの踊り子)は、ワインの神を信仰する女性で、神のワインを飲み踊りながら礼拝するという、ギリシャワインの伝統からきているそうです。

そして今回のお店がこちら!!

本来であればもっと写真を撮っておくべきでした…
(次回の反省として活かしていきます…)

KAGURA(神楽)さんは隠れ家的なダイニングでセントラル駅(Central)から徒歩5分くらいのところにあります!

写真ではワインがメインとなっていますが、後方をご覧ください…(笑)

まるで、オーストラリアにいることを忘れてしまいそうなくらいたくさんの日本酒や日本のウイスキーをこちらでは取り揃えているんです。

そしてお店の名前である「神楽」の意味も神様を祭るときに奏する舞楽なんです。

どうでしょう?

このコラボはなんとも神々しいと思いませんか…?(笑)

神々しいというブログタイトルの説明だけでだいぶお腹いっぱいになってしまいました(笑)

とはいえ、会場にはなんとティンティラ・エステートのワイン醸造家であるジェームス・ラスビー氏も来場し、ワイン造りやテイストに関してのお話をしていただき、会場は大盛況でした。

正直、ヨウにとって初めてのワイン試飲会でドキドキしていましたが、美味しいワインと美味しい料理のペアリングをして、生ジェームス・ラスビー氏にもお会いでき…大満足の一日でした。

今後もワインイベントに参加して、豪州ワインの魅力を日本にお届け致します!

この経験が皆さんの経験に繋がりますように。
I'll do what I want.

Photo by Francisco Ghisletti on Unsplash

よう

シドニー在住。生まれも育ちも湘南辻堂。語学留学で渡豪するも、豪州ワインの深淵をのぞいてしまう。引きずり込まれた先はMW(マスター・オブ・ワイン)への道?