人生初のブラインドテイスティングにチャレンジ

よう
|
2018-08-27

どうも、ヨウです。

MW(マスター・オブ・ワイン)という山を登っております。

本日はなんと…

人生初の…

ブラインドテイスティングに挑戦しました!!
(読者の皆様、そんな溜めて言うことなのかと思った所をグッとこらえて頂いて…)

しかも、なんと正解しました!!

ブラインドテイスティングしたワイン2本がこちら

「Yellow Tail Shiraz 2016」「Taylors / Wakefield Jaraman Shiraz 2016」

…エスパーではありませんが分かります、ワイン通の読者の皆様が思ってることは分かります。

そんなの分かるにきまってるだろ!!!!

ですよね…(笑)

二つのワインを飲んで明らかに違うことは、飲む前の香り、そして口に含んだときの味わいからもよくわかりました。

ただですね…まだまだへっぽこの僕にとって問題なのはどっちがどっちなのかってことが問題なんですね!!(笑)

そんな中、決め手にしたのはフィニッシュに現れた、タンニンの強さでした。
タンニンがジュワっと、そしてしっかりきた(なんとも表現が難しい)ワインをJaraman Shiraz 2016とし、運命の審判…

実は今日はVINONATA編集部のSATさんの自宅でご飯をご馳走になる予定だったのですが、「もし当たらなかったら夕飯抜きね♪」とSATさんの奥さんに言われ、焦る僕…ワインの勉強をしている傍ら、貧乏学生ですので、食べることには必死です。(笑)

結果的には、正解!!
豪州ワインとSATさんの奥さんが作った野菜たっぷりのカレーにもありつけて、なんとも幸せな夜でした♪

でもブラインドテイスティングって本当に難しいですよね?
ワインについての知識や特長もあらかじめ知っておく必要がありますし…

今回のブラインドテイスティングはどちらと言うとあてずっぽうテイスティングですね…(笑)

今後もブラインドテイスティング、挑戦していきたいと思います!

この経験が皆さんの経験に繋がりますように。
I'll do what I want.

Photo by Jadon Barnes on Unsplash

よう

シドニー在住。生まれも育ちも湘南辻堂。語学留学で渡豪するも、豪州ワインの深淵をのぞいてしまう。引きずり込まれた先はMW(マスター・オブ・ワイン)への道?